【身欠鰊】

身欠鰊木箱(生乾) kotobuki1k

 

 

 

 

 

 

 

《内容量》

本乾1kg ¥2000/八分乾・生乾1kg ¥1000

【にしんのみりん干し】

みりん干し焼用2みりん干し(上乾)

 

 

 

 

 

 

 

《内容量》

焼用特サイズ2枚入(1袋) ¥350

上乾特サイズ2枚入(1袋) ¥380/上乾小サイズ3枚入(1袋) ¥350

 

【味付け数の子】

味数(白黒)

 

 

 

 

 

《内容量》

味付け数の子100g(白・黒) ¥600

味付け数の子200g(白・黒)  ¥1100

 

【山海漬け・松前漬け】

山海漬け1・2松前漬け③1

 

 

 

 

 

 

 

《内容量》

山海漬け150g ¥400/300g ¥800

松前漬け150g ¥500/300g ¥1000

 

【本乾小女子天日干し】

小女子ザル小女子スタンドパック小女子箱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《内容量》

本乾小女子天日干し 200g ¥1250/300g ¥1800/1kg ¥5300

 

【塩たらこ】

たらこ1たらこ2

 

 

 

 

 

 

《内容量》

塩たらこ300g(近海産)中¥1800

塩たらこ300g  ¥1500←特大中小とサイズがあります。

たらこ切れ子たらこバラ子

 

 

 

 

 

 

《内容量》

塩たらこ切れ子200g ¥900/400g ¥1800

塩たらこバラ子200g ¥400/400g ¥800

 

【明太子】

明太子1 明太子2

 

 

 

 

 

 

 

《内容量》

明太子300g ¥1500←大中小とサイズがあります。

 

明太子切れ子1 明太子バラ子

 

 

 

 

 

 

《内容量》

明太子切れ子200g ¥900/400g ¥1800

明太子バラ子200g ¥400/400g ¥800

 

 

 

 

 

image1 (005)

 

 

 

 

 

【身欠鰊の唐揚げ甘酢あんかけ】

(材料)
 ・身欠鰊(生乾)~4枚
 ・人参     ~5cm位
 ・長ネギ    ~1/2
 ・片栗粉    ~適量
 ・水      ~300㏄
 ・砂糖     ~大匙3
 ・醤油     ~大匙1と1/2
 ・黒酢     ~大匙2
 ・水溶き片栗粉 ~適量
 ・塩コショウ  ~適量
 ・揚げ油    ~適量
 ・大葉     ~2枚



(前準備)
 ・身欠鰊の骨はある程度取っておくと食べる時に邪魔になりません。


(作り方)
 (1)身欠鰊を食べやすい大きさに切って塩コショウをふり、片栗粉をまぶす。

 (2)人参と長ネギを細切りにする。小鍋に水300㏄を入れ野菜を入れて煮立たせる。
 
 (3)煮立ったら砂糖・醤油・黒酢を入れ人参に火が通ったら水溶き片栗粉で
   とろみをつけ甘酢あんかけを作る。

 (4)揚げ油が180度近くなったら、片栗粉をまぶした身欠鰊を揚げる。
   しっかり火が通りカリカリになったら取り出す。

 (5)皿に盛り甘酢あんかけをかけ細切りにした大葉をのせたら完成です。










 

image1 (005)

 

 

 

 

 

【身欠鰊とたけのこの煮物】

 

(材料)
 ・身欠鰊(本乾)     ~3本
 ・筍(下茹でされたもの) ~大きめ1本
 ・こんにゃく       ~普通サイズ1個
 ・醤油          ~80cc
 ・砂糖          ~大匙3
 ・みりん         ~大匙1
 ・酒           ~30cc
 ・だし汁(カツオ二番だし)~600cc


(前準備)
 本乾の身欠鰊は作る前日に水につけて一晩おきます。
 (米のとぎ汁だと臭みも消えてより一層美味しくなります!)


(作り方)
 (1)筍を穂先は縦に、根本は横に食べやすい大きさに切る。
   身欠鰊は熱湯をサッとかけて3センチ幅に切る。
   こんにゃくも食べやすい大きさに切る。

 (2)だし汁に調味料を加え煮立たせて、筍・こんにゃく・鰊の順に
   鍋に入れて落し蓋をして弱火で煮る。

 (3)煮汁が少なくなって筍に鰊の味が移ったら完成!(^^)!



image1

【身欠鰊の天ぷら】

(材料)
 ・身欠鰊(生乾)   ~4本
 ・ナス        ~3本
 ・青しそ       ~1束
 ・てんぷら粉     ~100g
 ・冷たい水      ~150ml
 ・サラダ油(揚げる用)~適量
(前準備)
 ・身欠鰊の大きめの気になる骨は取り除く。


(作り方)
 (1)材料を切る。
    身欠鰊(生乾)は食べやすい大きさに。
    ナスは縦に三等分し、お尻のほうに縦に三本切込みを入れる。
    青しそは水で洗ってキッチンペーパーで水気をとる。
 (2)てんぷら粉100gと冷たい水150mlを混ぜ合わせる。

 (3)身欠鰊・ナス・青しそを(2)につけて、170~180℃位に熱したサラダ油
   に入れて揚げる。

 (4)青しそは30秒程、身欠鰊とナスは5分~10分程様子を見ながら揚げる。

 (5)お皿に盛り付けたら完成です!(^^)!



image1 (007)

【ナスと身欠鰊の生姜醤油炒め】

(材料)
 ・ナス       ~5本
 ・身欠鰊(生乾)  ~3本
 ・生姜       ~1カケ
 ・醤油       ~大さじ2と1/2
 ・炒める用のサラダ油~適量



(前準備)
 ・ナスは切ったら水につけずにすぐ焼きます。



(作り方)
 (1)ナスを縦半分に切り5mm幅くらいに切る。
   身欠鰊は4・5切れくらいに切る。

 (2)フライパンを熱してサラダ油を入れナスを炒める。
   ナスに焦げ目がつきしんなりしたらナスを取り出し鰊を焼く。
  (鰊を焼く時はあまり触らずにほったらかしで焦げ目をつける)  

 (3)鰊に焦げ目がついて火が通ったら取り出しておいたナスを入れ
   生姜をすりおろし醤油を入れて軽く炒める。


見た目は茶色一色ですが味はとっても美味しいので是非作ってみてください('ω')ノ

 

 

 

image3

【身欠鰊のねぎみそ和え】

 (材料)
  ・身欠鰊(本乾)~4本
  ・小ねぎ    ~6本
  ・味噌     ~大さじ2
  ・酢      ~大さじ3と1/2
  ・砂糖     ~大さじ2





 (前準備)
  ・本乾の身欠鰊は作る前日に水につけて一晩おいておきます。
  (米のとぎ汁だと臭みも消えてより一層美味しくなります!)
  ・本乾身欠鰊のウロコは出来るだけキレイにとっておきます。



 (作り方)
  (1)身欠鰊は5mm幅で斜めに切ります。ねぎは5cm幅に切る。

  (2)ボールに身欠鰊とねぎを入れ、味噌・酢・砂糖を入れて混ぜ合わせ
    好みで味を調節する。


   
 火を使わないで簡単にできますよ(^^)/

 

 

前回からだいぶ日にちが経ってしまいましたが、また料理を作りました(*^^*)

image4

 

 

【身欠鰊と大根の煮物】

 

 (材料)
     ・生乾身欠鰊~4枚
     ・大根   ~15cm
  (A)・水    ~200c
  (A)・醤油   ~大さじ3
  (A)・砂糖   ~大さじ1
  (A)・料理酒  ~大さじ4
  (A)・みりん  ~大さじ2
     ・しょうが ~1カケ
     ・小ねぎ  ~少々

  
 (前準備)
   身欠鰊の骨はある程度取っておくと食べる時に邪魔になりません('◇')ゞ



 (作り方)
   (1)大根は1cmのいちょう切りにします。
     鍋に入れ、水を入れて10分煮る。

   (2)(1)でのお湯を捨て、(A)の材料を入れる。
     薄くスライスしたしょうがと1.5cm幅にカットした身欠鰊を入れて
     15分煮る。



    ※1晩置くと味が浸み込んで更に美味しくなりました!(^^)!


IMG_9172














2月13日(月)にまた、身欠鰊を使った料理を作ってみました!!

料理と言っても8分乾の鰊を電子レンジで3分間温めただけです☺

これだけでもとっても美味しいんです!(^^)!

私は大根おろしと醤油と一緒に食べるのが好きですが、
砂糖醤油もまた美味しいですよ(^^♪

簡単なのでぜひお試しください(*^^*)

今日は事務所で身欠鰊を使った料理を作ってみました!
美味しくできました(#^.^#)

image1 (003)

 

 

 

 

【身欠鰊の醤油漬け】

〈材料〉
 ・身欠鰊(硬め、本乾)~4、5本
 ・ピーマン      ~4、5個
 (A)めんつゆ     ~100㏄
 (A)みりん      ~大さじ1
 (A)砂糖       ~大さじ1
 (A)唐辛子      ~少々
〈作り方〉
 (1)身欠鰊は水に1晩つけて戻しておきます。戻したら皮の部分を包丁の背
   などで擦りウロコをとります。

 (2)身欠鰊は2㎝程の大きさに切り、ピーマンも同じくらいの大きさに切り
   ます。

 (3)タッパーなどの保存容器に(A)の材料を入れ、2㎝程の大きさに切った
   身欠鰊とピーマンを入れ冷蔵庫で1日保存して完成です。


〈!!!注意!!!〉
 (1)の手順は必須です。
 (3)では漬け過ぎるとしょっぱくなるので気を付けてください。




火を使わないので簡単にできますよ(^^)/